【0・1歳向け】おすすめ幼児教材は『こどもちゃれんじ〈baby〉』一択

0・1歳向けのおすすめ幼児教材はずばり「こどもちゃれんじ〈baby〉です(あるいは1つ上の学年の〈ぷち〉)。

0~1歳はこどもちゃれんじ〈baby〉一択

0~1歳ごろに取り組める幼児教材はかなり少ないです。

ある程度まとまって体系立てられている幼児教材はちゃれんじbabyか家庭保育園くらいでしょう。

このうち、家庭保育園は資料請求をした結果、少なくともおすすめはできないと判断しました。

一方のちゃれんじbabyはというと、

  • 月額約2,000円で手の届く範囲の価格帯
  • 育児の指針になってくれる
  • 情報誌からエデュトイ(知育玩具)まで納得のクオリティ

といった感じでした。

特に子供が1人目の場合は幼児教育どころか育児自体が日々手探りなはずです。

ちゃれんじbabyはそういった育児部分についてもだいぶフォローしてもらえるので、当時使っていてとても助かりました。

その辺りについても触れているレビュー記事がありますので、興味を持たれた方は参考にしてみてください。

とういうわけで、この時期から幼児教材を使いたいのであればちゃれんじbaby一択ということになります。

〈baby〉が物足りなく感じたら〈ぷち〉へ移行もあり

ちゃれんじbabyは0・1歳向けですが、生まれ月や発達の度合によっては物足りなく感じてしまう場合もあります

そんな時は、一つ上の学年である〈ぷち〉への移行を検討してみても良いでしょう

ちなみに我が家は0歳6ヵ月~9ヵ月まで〈baby〉を利用し、1歳の4月からは〈ぷち〉に移行しました(さきほどのレビュー記事にも書いています)。

また、ちょっとお金はかかりますが〈baby〉と〈ぷち〉を並行して取ることもできます。

いずれにしても、〈baby〉の教材よりも子供の発達が進んでるかも…と感じたら、〈ぷち〉の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。