【はにまるの幼児教育レポ】1歳 2月第5週~3月第2週

  • ライター:はにまる
  • レポ期間:1歳 2月第5週~3月第2週

こんにちは、はにまるです。

今回は、後半にパパが出張に行っていたこともあり、娘と私の二人でたっぷり遊ぶことができました。

親子で新しいことにも挑戦しているので、そちらもご紹介します。

初体験!親子でタヒチアンダンス

今回は親子でタヒチアンダンスのレッスンに初めて行ってみました。

このレッスンは大人向けのものなのですが、子連れOKで、子どもたちはそれぞれ自由に過ごしていました。

慣れないところでしたが、娘は体を動かすことや音楽を聞くことが好きなので打ち解けるのは早かったです。

レッスンの間、娘はストレッチやダンスの真似をしていて、とてもご機嫌でした。
合間にお腹が空いたり喉が渇いたりした時は、自分から教えてくれました。

また、他のお子さん達とも遊んだりおしゃべりができたりしたので、飽きることなく雰囲気を楽しんでいたようでした。

途中、「一緒に踊ってもいいんだよ」とか「疲れたら休んでいいんだよ」というように、自分で自分のことを決められるような声をかけました。

壁に大きな鏡だけがあるスタジオで、娘はのびのびと自由に過ごせたのがとても楽しかったようで、2人で参加できてよかったと思いました。
これからも親子でいろいろな経験ができるといいなと思います。

この3週間でおこなった幼児教育

  • お散歩やひなたぼっこ
  • 読み聞かせ
  • おままごととお手伝い

お散歩やひなたぼっこ

今回も天気のいい日にはお散歩やひなたぼっこをしました。
娘に合わせたので今回も短時間でした。

心がけていたのは、周りの様子を具体的に話すことです。

「木に鳥がとまってるね」「羽の赤い鳥だね」というようにできるだけ詳しく観察して具体的に話すようにしました。
娘は指を差して反応していました。

また、普段の外遊びでは、歩くことや足元にあるものに気が向いていますが、今回はできるだけ遠くのものに注目できるよう声をかけました。

具体的には「鳥さんが遠くに飛んでいったね」「お空のお月様が綺麗だよ」というものです。

今はまだなんとなく景色を見ていることが多いように思うので、このような声かけを増やし、遠くのものも見ることができるようになるといいなと思います。

読み聞かせ

今回は、後半の一週間の中で読み聞かせをすることが多かったです。

先月、実家に帰った時に持ってきた絵本や色の鮮やかな絵本、ことばの絵本などを読みました。

最近、指をさして「これは何?」というように訊ねる仕草をするようになったので、それに答えることを心がけました。

なので、文章を読むことにこだわり過ぎないようにし、いろいろな言葉でお話をしました。

また、こちらから読む絵本を提案することもあるのですが、娘のほうから読みたい本を持ってくるようにもなってきているので、しばらくは今のように比較的自由に読み聞かせをし、娘が楽しく絵本に親しめるようにしたいと思います。

また、絵本の内容とは関係のないことですが、娘は絵本の扱いが少し乱暴になってしまっています

力加減が分かっていないからだと思うのですが、それでも丁寧に声をかけていき、ものを大切に使うことも少しずつ覚えてもらいたいなと思います。

おままごととお手伝い

前回の記事で書いたおままごとセットで、1人でも遊べるようになりました。

ナイフは片手で抑えることが難しいらしくまだ1人では使えないのですが、手で半分にしたり、くっつけたりして遊んでいます。

今はただマジックテープがくっついたり離れたりする感覚を楽しんでいるようにも見えましたが、半分にしたものを「どうぞ」とくれるようになりました。

こちらが「ちょうだい」と言った時だけでなく自分から渡してくれることもありました。
おままごとのやり取りをより楽しめるようになってきたようです。

また、「これ」「ここ」というような言葉も出てきたので、今後はそれを生かしながら、指さしで対象と合わせてみたり、「りんご」「あか」「まる」というようにものの名前や種類を覚えたりしていくことができる声かけしていきたいと思います。

そして、おままごとを通して娘は「自分もやってみたい」という気持ちがさらに強くなってきたようです。

そこで、お手伝いのレパートリーを増やしてみました。

食事の場面では、自分のスプーンを持っていくことだけでしたが、自分のご飯を運ぶこと、食べ終わった食器を下げること、汚れているところを拭くことです。

失敗してしまうことはあっても、怒らないことを心がけています。

3つも増やしましたが、今のところは自分からやりたいと示した時だけやってもらっています。

これからもお手伝いに関しては、やりたい時にやってもらうようにしたいと思います。

おわりに…

以上が、今回の我が家の主な幼児教育です。

前回のまとめに書いた動物園には行けず、お散歩で近所のペットショップをのぞく程度になりましたが、「わんわん」と言いながら楽しそうにしていました。

次回は時間を作って動物園に出かけたいと思います。

また今回は、いろいろなことを親子で今まで以上に楽しむことができました。

泣くこと以外のコミュニケーションが多く取れるようになってきているからだと思います。

次回も、読み聞かせや外遊び、おままごとが中心になりそうですが、変化させて娘が飽きない工夫をできたらいいなと思います。