【ききちっちの幼児教育レポ】年少 2月第4週

  • ライター:ききちっち
  • レポ期間:年少 2月第4週

こんにちは、ききちっちです。

今週は引き続きワークの取り組みを毎日楽しくできるよう心がけました。

幼稚園から帰ってくるのが早い日があったので一緒に遊びました。

レポ期間での課題

取り組み自体が目標とならないように、息子も私も楽しく取り組めるように工夫しました。

この一週間で行った幼児教育

教材・取り組み 内容
書くワーク ・計10分弱
・英語…『Learning Sight Words』を一日一単語
・迷路…くもんの『めいろあそび1集』から1ページ
・数字…+1の足し算
・ひらがな…『ひらがなぬりえ』の濁音、半濁音、拗音
単語カード Learning Sight Wordsの付属品
絵本の読み聞かせ 多い日は10冊位、少ない日は1冊。日本語英語含む
動画視聴(YouTube、DVD) できる日のみ30分から一時間くらい。英語のみ

書くワーク

迷路

迷路は、くもんの『めいろあそび1集』から1ページ。

だいぶスピードが速くなり、私の助けを必要とすることもなくなってきました。

行き止まりだったら何度でも戻って違う道を進むというのは根気がいる作業なので、集中力をつけるのにはとてもよさそうです。

前は何回か行き止まりにぶつかると、「わからないからおしえて」と言い出していましたが、今は何度も戻って探しているので成長したなと思います。

文字や数字よりも遊びやゲームの要素が強いのでより楽しそうです。

たまたまあったクレヨンで迷路をやったら、雰囲気が変わって楽しそうでした。

ひらがな

ひらがなは、100均の『ひらがなぬりえ』の一文字ずつ書くところがすべて終わったので、このワークの最後にある濁音、半濁音、拗音に入りました。

まだやらなくてもいいのではと思ったのですが、やりたいというので引き続き進めています。

濁音、半濁音はなんとなく読めても、まだ拗音を二音同時に読むのが難しいです。

「きゅうり」は普通に言えるのに、読むとなると、「き・ゆ・う・り」になります。

だんだんできるようになると思うので、今は一通り書くだけで読めるように繰り返し練習するようなことはしていません。

数字

数字は、無料プリントサイトの数の穴埋めに飽きそうだったので、+1の足し算を私が手書きで問題を作っています。

私は数の穴埋めを大きな数に進めていきたいのですが、どちらをやりたいか聞いたら+1を選んだので、息子の希望を優先しています。

英語

英語のワークはサイトワードを学ぶ『Learning Sight Words』を一日一単語。

単語カード(英単語のサイトワード)

一つずつ出して読みました。ひたすら出された単語を読むのは退屈なんじゃないかと気にしていました。

しかし、息子がふざけて声色を変えて言ったときに私がそれを真似して声色を変えたら大笑いでできたり、カードを机に並べて私が言った単語をとる「かるたとり」の方法で取り組んだり、楽しくできました。

絵本の読み聞かせ

夜の絵本タイムはなかなか長い時間が取れない日があったので、その翌日は息子のワークのついでに読むなどしました。英語も日本語もまんべんなく楽しく読むことができました。

紙飛行機作り

今週は幼稚園の帰りが早い日があったので、一緒に遊ぼうと思っていました。

息子が紙飛行機を飛ばしたいと言ったので、一緒に作ってどちらが遠くまで飛ばせるか競争しました。

まずネットで折り紙で作れる紙飛行機の折り方を検索。
パソコンを見ながらひとり一枚ずつ持って同じ折り方で一緒に作りました。

息子と二人で折り紙をするのは久しぶりでした。
まだまだ角と角をぴったり合わせて折ることはできなくても、私の折り紙を見ながら、最後まで折ることができました。

折った後は二人で「せーの」で飛ばしてどちらが遠くまで飛ばせるか競争しました。
何回やっても飽きずに、何度も何度も飛ばしました。
私もとても楽しくて、息子も生き生きしていました。

反省と来週の目標

子どもがやりたいことに寄り添ってあげるのが、一番の幼児教育だと実感しました。

親はついついやってほしいことに誘導しがちだけれど、子どものやりたいにもう少し耳を傾けて、息子のやりたいことをやりたいだけできる環境を作りたいと思いました。

来週は代休で平日が一日お休みの日があるので、今週の飛行機づくりの続きでたくさん飛行機を作って遊びたいと思います。