【すずらんの幼児教育レポ】3歳 2月第4週

  • ライター:すずらん
  • レポ期間:3歳 2月第4週

こんにちは、すずらんです!

2月もあと少しで終わりですね。
3歳の長男はこの春から幼稚園へ入園予定。そろそろ入園準備を始めないといけないなぁと思っています。

入園グッズは手作り指定のものもあるので、できるかなー?とちょっと心配ですが、頑張って制作したいです。

幼稚園に入園する前に、日々の幼児教育をしっかり習慣づけしたいので、日々のタイムスケジュールなども調整していきたいと考えています

引き続きひらがなの習得を目指すため絵本読みを強化

先週から始めた文字表を使ったひらがな読みは、だいぶスムーズにできるようになりました

さらにステップを上げたいと思い、ひらがな読みのあと、絵本を読むことをルーティーンに加えました。

まだ絵本の文字は読めませんが、音読するときに一緒に絵本の文字をゆびさすようにしています。

いまのところ、ゆびさした文字を一緒に音読することはない息子ですが、絵本自体は好きなので、文字を覚えることをあまり強調しすぎないよう注意しながら、楽しみながら学んでいきたいと思います。

この1週間で行なった幼児教育

教材・取り組み 内容
文字表を使ったひらがなの音読 10分×4回
絵本読み 1冊×4回
七田式・知力ドリル「そうぞう」 3ページ(10分×3回)
公園での自然観察

文字表でのひらがな読みは朝食後の日課です!

先週から始めたひらがなの音読。
上手になってきたせいか、少々飽きて来た様子の息子。

毎日繰り返して定着させることが大事と思うものの、嫌がるようになってしまっては元も子もないので、朝食後に「ちょっとだけ読もうか?」とさりげなく誘って読んだらサッと切り上げるスタイルにしてみました。

すると息子も、ゲームの一環と思うのか(?)楽しげに取り組んでくれるようになりました。

絵本の読み聞かせは子供の好きな本を優先!

文字表でひらがな読みをした後は、息子の好きな絵本を1冊選び、絵本の文字を指差しながら音読しました。

好きな絵本だと息子もとても興味を持って聞いてくれます。

ここでも「文字を覚えさせたい」という親の欲を強く出さないよう(笑)、子供がきちんと楽しめることを優先したいと思いながら絵本読みをしました。

ちなみに、子供が好きな絵本は

  • 『こぐまちゃんおはよう』
  • 『ぐりとぐら』
  • 『しろくまちゃんとほっとけーき』

です。

食いしん坊なので、美味しそうなおやつが出てくる絵本が大好きです。

なるべく子供には毎日1冊以上絵本の読み聞かせをしていきたいと思います。

七田式のドリルがだいぶ習慣になってきました

3歳の始めからスタートした七田式のドリルはだいぶ日々の習慣として定着してきており、息子のほうから「これ、する?」とドリルを自ら手に持ってくるように。

本人が張り切っている日もあまりやる気のなさそうな日も、1日1ページだけは最低しっかり取り組むようにしています。

外遊びでは、自然の木や葉に積極的に触らせています

まだまだ寒い日が続きますが、1日1回は外へ出て公園へ行くようにしています。

遊具でも楽しく遊びますが、最近は公園に落ちているどんぐりや木の枝を拾ったり、樹々の葉や切り株を見つけたりしたときには積極的に触れるのが楽しいようです。

以前通っていた幼児教室では、感覚が鋭敏な3歳までに手先の感覚をさらに研ぎ澄ませる遊びをすることが望ましいと教わりました。

手先の器用さは、大人になってからでは学習するのが難しいので、小さい頃から手先をよく使っておくことが大事なようです。

その意味では自然は最大の教科書だと思っています。

私も子供と一緒に触れながら、「葉っぱがツヤツヤだね、形はギザギザだね」とか「どんぐりは表面がすべすべしているね」などと楽しそうに語りかけると、子供もさらに興味を持ってくれます。

親子のコミュニケーションにもなります。

来週は、簡単な英語にもチャレンジしていきたい!

まずはしっかり日本語を、と思っていましたが想像していたよりも息子はしっかり言葉を理解している気がするので、今後は簡単な英語にチャレンジしていこうと思うようになりました。

英語の歌や絵本など簡単で取り組みやすいものからスタートしていきたいと思います。

私自身も英語を勉強し直したいとずっと思っていたので、良いきっかけとして息子と楽しみながら勉強していきたくて、いまからワクワクしています。