【まろんの幼児教育レポ】プレ幼稚園 1月第5週〜2月第1週

  • ライター:まろん
  • レポ期間:プレ幼稚園 1月第5週〜2月第1週

こんにちは、まろんです。
今週はいつも通り、週2回の幼稚園、週1回の幼児教室とお出かけ少々、というスケジュールでした。
そんな中で、毎日、家でも欠かさずに幼児教育ができたと思います。

この1週間で行った幼児教育

ワーク系

教材・取り組み 内容
こどもちゃれんじ
おうちアート 2・3さい
3がつごう
1ページ
5さいまでに伸ばす脳育パズル
〜えさがし編〜3さい
2ページ
5さいまでに伸ばす脳育パズル
〜めいろ編〜3さい
8ページ
こどもちゃれんじ ほっぷ キッズワークプラス
7・8・9・10・12がつごう
75ページ(のり・シール遊び・多少判断・末尾語にまるつけ・仲間分け・順番・迷路・数字・ひらがな・部分と全体・ものと用途の関連性・運筆・図形・順序数・間違い探し・共通項・高低・長短・3要素の順番など)
こどもちゃれんじ ぽけっと
ちょきぺたぶっく1がつごう
にんじん・肉・じゃがいも 各2枚
がんばる舎 すてっぷ2-5 10枚

ワーク系以外

  • 毎日の読み聞かせ(こどもちゃれんじの絵本が多い)
  • こぐま会の基本図形パズル

今週の課題と取り組み

はさみの曲線切り強化と順序数のペーパー、3要素の順番、末尾語にまるつけをする、などにしっかり集中できるように。

また、のりとはさみは、できるだけ毎日行うよう注意。

そろそろ曲線切り…?

はさみは曲線切りができるようになってきたので、それを強化したいと思いました。

「はさみやろっか」と言った時は嫌々だった息子。でも…途中から嬉しそうな顔で切り始めました。

というのも、こどもちゃれんじぽけっとの「ちょきぺたぶっく」はメルカリを利用してたくさん購入し、何冊もこなしていました。

ですので、何度も見たことがあり、実際に切ったりもしたことのあるワークなのです。

しかし今回は…この見慣れたワークに一工夫加えてみました。

「ただ曲線切りのワークをさせても楽しくないかな?」と思い、息子が今までに楽しんでいたワークから、曲線切りをさせることにしました。

こんな感じで…!

実はこれ、本当はただ普通に切って貼れば、肉やじゃがいもの周りがカレー色なので、別に変ではないのです。

そこをわざと周りを切ることで、いつもと違う感じを演出。

ほんと、ちょっとしたことなんですけどね…息子は食いつくわけです。

元々、そのカレーのページは好きだったので、ちょっと違うことをさせたら、もっと好きになるんですね。

なんと単純な…(笑)

まだ3歳手前の今だからこそ、通じる手です。

まぁとにかく、これでなんとか曲線切りをし始めました。

すでに直線切りでそれなりにはさみを使いこなしていた息子、難なく曲線切りもできるようになりました。

そしてこの方法で曲線切りがうまくいったため、息子はとてもはさみに対して自信を持ちました。

最近、はさみは嫌がることが多かったので、「無理やりやらせるより、うまく誘導するほうが良いのだな…」と思いましたが、なかなかすべてそうはいかないのも事実。

とても反省させられる出来事となりました。

順序数ってなに?

順序数はいわゆる、「右から何番目」とか「上から何番目」とかいうものです。

一瞬それっぽいワークをやってみた時、息子の反応はあまりよくありませんでした。

私も「ちょっと説明しづらいな…」と思いながら教えていたので、なかなか納得できなかったのでしょう。

そこで、順序数のワークを解くため、先週・先々週とこぐま会の数カードを利用して遊んでおきました。

  • 4枚の違う数のカードを取って、渡しておく
  • まずは大きい順に並べてもらう
  • 大きい方から、「1番目、2番目…」と自分で言ってもらう

なんてことを繰り返していました。

これは結構単純作業なので、ノればしっかりやってくれます。

できるようになってくると、私にも同じことをやらせようとします(笑)

そうなればこっちのもの!
一緒に遊んでいく感じで進められます。

このようにカードで遊んでいたおかげで、ワークの順序数も楽々解けるようになっていました。

「上から3番目は?」と聞くと、自分から「上はこっち、1、2、3…これ!」と言えるように。
やはり具体物の大事さを痛感させられました。

3要素の順番は、2要素から…

息子は現在、1月中旬から始めた、こどもちゃれんじほっぷ(年少向け)の「キッズワークプラス」を4がつごうからどんどんこなしています。

しかし一気に12ヶ月分を購入するまえに、「キッズワークプラスがどんなものか?」という確認がてらに10がつごうをメルカリで購入しました。

これが12月のこと。

で、12月の時点では、他のものはすべて解けても、「3要素の順番」だけはできなかったのです。

ちゃんと毎月受講していれば、4がつごうから9がつごうまで…まさに半年かけて(息子の場合は2週間ほどですが…)習っていた「2要素の順番」。

実は10がつごうから、「3要素の順番」が出てきていたのです。

2要素の順番とは、「赤→白→赤→白…」と2つのものがかたまりになって繰り返しになっているもの。

そして、3要素の順番とは、「赤→白→白→赤→白→白…」のように、3つのものが1つのかたまりとなり、繰り返しになっているもののこと。

そりゃー2要素がしっかり理解できてなけりゃ、3要素なんてできるわけありません。

そこで、こどもちゃれんじほっぷの「キッズワークプラス」を、一気に取り組むことにしました。

そして2週間ほど、4がつごうから9がつごうまでを取り組んだ末、「順番」を自分のものにしていた息子は、難なく3要素もこなしていました。

やはり基礎って大事ね…と思わせる出来事でした。

そろそろしりとりができるようになりたい…

最近、外出先で「しりとりできたらなぁ…」なんて思うことがありました。

それもあって、しっかり末尾語をわかるようにしたい!と思うように。

そこで今週は、少しだけ末尾語がどれなのか、教えていきました。

末尾語はどんな教材を使っても良いのですが、息子はひらがなが書いてあるほうがわかりやすいようでした。

なので、「なし」と書いてあったら、「し」に丸をつけさせる、という取り組みをしてみました。

どんな言葉でも後ろに丸をつけることができるようにはなりましたが、なにもない状態で「「なし」の最後の文字は?」と聞いても、なかなかわかりません。

確かにひらがなが読めなかったころ、最初の文字を言わせるのにも苦労したので、これは根気よく取り組もうと思います。

来週以降の課題

来週は、幼稚園や幼児教室に加えて、ちょっとしたお出かけとママ会が予定されています。

そんな状態でどこまで知育に力を入れられるかわかりませんが…はさみやのりをいったん休止するつもりでいます。

時間があれば…ワーク三昧ではなく、KUMON TOYのさんかくタングラムやニューブロックに力を入れたいと思います。