Z会幼児コースを2年間(年少・年中)受講した感想、我が家での使い方!受講を辞めた理由は?

Z会幼児コースは、「あと伸び力」をテーマにしています。

「あと伸び力」とは、何に対しても疑問を持ち、自ら考え、自分なりの答えを見つける力のことです。

その力を付けるため、実体験とワークを連動させているのがZ会幼児コース。

一番の目玉である「ぺあぜっと」は、他の通信教材にはないタイプの教材です。

ただこの教材が、Z会幼児コースを良いものにも悪いものにもしているのが実情です。

それでは実際に2年間、Z会幼児コースに取り組んだ感想などを書いていきたいと思います。

⇒Z会 幼児コースを公式サイトでチェック!

Z会幼児コースのメリット・デメリット

メリット

「ぺあぜっと」で他の通信教材とは違った取り組みができる

市販はもちろんのこと、他の通信教材と一線を画すのが「ぺあぜっと」。

私は2年間、この「ぺあぜっと」のために受講していたと言っても過言ではありません。

「ぺあぜっと」は季節感や工作、実験、料理などを題材にしています。

そしてこの教材は、親子で取り組むことが必須です。

そのため、土日など時間のある日に取り組む必要があります。

保護者が先に用意しておく必要がある場合もあれば、取り組む課題によっては一緒に外出して買い物したり、観察したり…

なかなか楽しい取り組みが多くあります。

玩具がついていないので、最低限の保管場所でOK

ほぼワークだけのようなものなので、保管場所はほとんど取りません。

が、「ぺあぜっと」内の課題の中には、段ボールをたくさん取っておく必要があったり、トイレットペーパーの芯やティッシュペーパーの箱などをとっておく必要があったります。

しかしこのような課題を飛ばしてしまう、という手もありますので、やはり最低限の場所でもなんとかなります。

メリット&デメリット

親子で取り組む必要のある教材がある

「ぺあぜっと」は、良くも悪くも親子で取り組む教材です。

用意が面倒であったり、1つの課題に時間がかかることもしばしば。

なので、とにかく時間が取れるかどうかが問題です。

時間が取れるのであれば、親子でゆっくり楽しく課題に取り組める、という大きなメリットを享受できます。

平日は共働きであまり一緒にいる時間を取れない方は、特に良いと思います。

また、ご家庭によっては、「ぺあぜっと」はお父さんの仕事、にしてしまうのも良いですね。

必然的に親子で遊ぶ時間を取れますし、お子さんがどの程度の発達なのか、父親目線で確認することもできます。

そして後からお母さんにお父さんからの報告がある、と。

両親で子育てやこれからの勉強環境について、あまり考え方が共有できていない場合には、特に良い取り組み方かと思います。

さて逆に。

習い事も増えてきて、土曜に幼児教室や別の習い事をしているようなご家庭の場合。

正直、「ぺあぜっと」に取り組む余裕はないでしょう。

あえていえば、うちのように年少の前に年少コース、年少で年中コースを受講すれば、ギリギリ他の習い事と被らずに済むかもしれません。

幼稚園に入る前の一年間は平日でも取り組めますし、年少であれば少し体力がついてきて、多少は無理がききます。

しかしうちでは年長コースに取り組む余裕を作ることができませんでした。

他にも年長コースを取らない理由があるので、こちらは後述します。

年中・年長コースには毎月課題提出がある

年少コースは毎月小さめの絵本がついてきます。
正直、私は年中もこちらで良かったですが…(笑)

課題提出とはいっても、本当にどうってことありません。
「大きなものは?」「赤いものは?」のような課題があり、そのテーマに沿って絵を描くだけ。
正直、保育園や幼稚園でもやってるんじゃ?みたいな内容です。

そして、内容が取り立てて面白い、というものでもないため、毎月課題提出すること自体が手間です。

返却されてくると、先生からのコメントがあるので子ども自身は嬉しいようですね。

課題提出に関しては、親にとってはデメリット、子どもにとってはメリット、と言えるかもしれません。

デメリット

少し料金が高め…

【年少コース】
月額:税込2,102円(6か月を一括で支払うと税込1,996円、12か月を一括で支払うと税込1,786円)

【年中コース】
月額:税込2,799円(6か月を一括で支払うと税込2,659円、12か月を一括で支払うと税込2,379円)

【年長コース】
月額:税込2,848円(6か月を一括で支払うと税込2,705円、12か月を一括で支払うと税込2,420円)

こう並べてみると、年少コースは取り立てて高くないですね。

高いかな、と感じるのは年中コースと年長コース。

やはり課題提出があるからでしょうか…

それなら課題提出より年少の本のが欲しい…(笑)

チビまろが2年間取り組んだ感想

チビまろはZ会幼児コースの年少と年中に取り組みました。

年少コースは幼稚園入園前の年、年中コースは年少時に受講しました。

1学年上を受講していたわけですが、「ぺあぜっと」はものによっては難しいかなと思うこともありました。

が、基本的に親子教材ですので、少しくらい難しくても良いや!というところでしたね。

むしろ少し難しいくらいのほうが、本人の興味を引くことができていたので良かったと思います。

取り組む日時ですが、うちでは時間の比較的取りやすい日曜日に、お父さんも巻き込んで「ぺあぜっと」に取り組むことが多かったと思います。

メインは私でしたが、課題によってはお父さんメインで取り組んでもらったこともあります。

先にスケジュールを共有し、そこに「ぺあぜっと」を組み込んでしまう感じでした。

そこまでしないと取り組めないほど、私にとって面倒…ということもあるのですが…(笑)

特に年中コースは、私にとって苦痛なものでした。

チビまろが年少になり、時間的余裕が取れなかったこともありますし、私が妊娠してしまったこともありますし…

とにかく本当に、心にも時間にも余裕がないと取り組めないなぁと思いました。

そしてZ会幼児コースでは「ぺあぜっと」の他に、「かんがえるちからワーク」がついてきます。

毎月の取り組み内容としては、この2冊がメインです。

考える力ワーク

「かんがえるちからワーク」は…これが…あまり良くありません。

市販の教材やこどもちゃれんじあたりのワークと、そこまで大きな違いを見いだすことができませんでした。

私としては、もっとこどもちゃれんじの思考力特化コース的な、「ちょっと小学校受験を見据えたような考える問題」が多くあるのかと思っていたのですが、そうでもありませんでした。

年少コースは比較的、「ちえ」系の問題が多く、楽しく取り組めたかなと思いますが、年中コースは「かんがえるちからワーク」が良い!とは思えませんでした。

チビまろが年少・年中と2年間取り組んだ上で、年長コースを受講しない理由

  1. 「ぺあぜっと」に取り組む時間がない
  2. 「かんがえるちからワーク」が考えさせるワークになっていない
  3. 毎月の課題提出が面倒

以上の3つが、Z会幼児コースの受講を辞めた理由です。

特に時間がないことが大問題でした。

チビまろが年中さんの途中で、下の子が産まれる予定です。

なので、「ぺあぜっと」なんかやってる暇ないわ!ってのが、本当に大きな大きな理由です(笑)

むしろ赤ちゃんのお世話を一緒にすることで、十分実体験になるから良いかな~なんて思っています。

そしてワークも魅力が薄いです。

なので、Z会幼児コースはここまでかな、と思った次第です。

Z会幼児コース、おすすめの受講時期とおすすめのご家庭

まずZ会幼児コースの年少コースは、料金がお安めで、しかも「ぺあぜっと」の質が良いです。

絵本も面白いものが多かったですね。

なのでZ会幼児コースを始めるなら、絶対に年少コースの時期です。

実際に年少さんなら年少コースで良いですし、もし年少より前ならラッキー。

ぜひ1学年前倒しして、年少コースを受講してみてください。

特に「小学校受験をする、もしくは悩んでいるご家庭」で、「年少コース前倒し受講」が一番オススメ

小学校受験で必ず扱う季節に関すること、実験や料理を通してお手伝いをするなど、今後のためになりそうな課題が多いです。

また小学校受験が本格化する前から、親子で勉強に取り組む習慣をつけておくのにも大きく役立ちます。

年少くらいから幼児教室が開始することを考えると、その前に取り組むにはちょうど良い教材だと思います。

逆に年中さんでも、今まで季節を意識していなかったり、料理のお手伝いなどをしてこなかったご家庭では、1学年遅く年少コースを受講しても良いと思います。

季節は幼児期にしっかり刷り込みしておかないと、本を読むときのイメージ力の低下にもつながります。

小学校受験関係なく、ぜひ取り組んでほしいと思います。

小学生でも「ひなまつりっていつ?」なんて子が多いので…苦笑

ということで、Z会幼児コースは特に年少コースがおすすめです。

……もっと言えば、年少コースのみで良いです(笑)

年中コースから始めるくらいなら、別の通信教材の検討をおすすめしたいな、と思います。

ちなみに代替案としてはこどもちゃれんじの思考力特化コースが良いです。

Z会幼児コースと同様、玩具はほぼないですが、その代わり問題の質が高いです。

親子で一緒に取り組むことになるとは思いますが、それでも机の上で完結することがほとんどですし、頭の体操には本当に良いと思います。

Z会を検討される方は「思考力を付けてほしい」という方が多いかと思いますので、そういう意味でもこどもちゃれんじの思考力特化コースがおすすめですね!

⇒Z会 幼児コースを公式サイトでチェック!