こぐま会のひとりでとっくん 年少でも使い始められるのか?

こぐま会のひとりでとっくん。

小学校受験をしようとすると、ほぼ確実に出会う問題集ではないでしょうか。

他にも様々な幼児教室から問題集が販売されてはいますが、書店やネットで売られているので買いやすい、という意味では、こぐま会は圧倒的です…

さて、そんなこぐま会のひとりでとっくんは、年少からでも使えるのでしょうか?

使うなら、どんな使い方が?という方が多いと思うので、実際の使い方をレポートしていきたいと思います。

ひとりでとっくん100とひとりでとっくん365日

まず、こぐま会のひとりでとっくんといえば、

  • ひとりでとっくん100シリーズ
  • ひとりでとっくん365日シリーズ

の2種類が有名ですね。

他にも、こぐま会から市販されている問題集はありますが、とりあえずはこの2種類になるのかな、と思います。

年少さんは365日では難しい

ひとりでとっくん365日シリーズは、さすが「使用は年中秋ごろからがお勧め」というこぐま会の案内があるだけあって、年少さんから使用するのは、365日シリーズは難しいかと思います。

もちろん月齢によってはいけるのかもしれません…

例えば4月生まれの年少さんで、発達が人並み以上、なら…;

が、うちのチビまろ(現在年少、2月生まれで3歳3か月)には、厳しかったようです。

正しく言うと、解けないというよりも、解説すれば理解はできるけれど、

「自分でできた!」

は、味わえないレベルです。

年少さんでひとりでとっくん100なら?

その点、ひとりでとっくん100シリーズは、年中さん・年長さんで対象年齢が分かれています。

そのため年中さんの教材であれば、難易度によっては年少さんからでも使用できます。

ただし、易しめのひとりでとっくんでも、1冊の中の難易度が面白いほど変化します(笑)

そのため、ある程度取り組み方を考えないと、

「ペーパー嫌い!勉強嫌い!」

な子になってしまうと思います…

気をつけていってください。

年少のひとりでとっくん100シリーズの取り組み方

うちではまず「できた!」を大事に

先ほどもちょっと書きましたが…

「自分でできた!」

がペーパーを解くのには大事な要素かと思います。

特にうちのチビまろには、大事な要素なようです(笑)

なぜなら、チビまろの特性として、

「考えることは嫌いではないが、考えた結果、間違っているのが嫌い」

というものがあります。

でもこれって、きっとどんな子どもにも当てはまるんじゃないでしょうか?

そこで、「できた!」を増やすことを心がけています。

まずはひとりでとっくん100を用意

…いや、100冊用意はしなくても良いですよ(笑)

最終的に、絶対に100冊やってやる!という追い込みをかけるために、100冊買っても良いですけどね…;

ちなみに100冊購入すると、税込66,096円です!

こぐま会のネットショップで100冊セットが売られているので、セットで買う方も多いのでしょうね(笑)

オススメはこぐま会のホームページでわかる!

では年少さんに購入するなら、何が良いのでしょうか。

まずはこちらで確認するのが手っ取り早いです。

難易度順に並んでいるようではありますので、とても参考になります。

とはいえ、完全にこの通りかといえば、そこは子どもによりけり。

例えば「位置表像」の領域をとっても、チビまろに取り組ませると「04:位置の対応」よりも「07:迷路」のほうが得意なので、難易度が低く見えます。

なので、やはりこのページを参考にしつつ、書店での確認が必須かと思います。

ひとりでとっくん、解く前に必ずやること!

年少さんからひとりでとっくんに取り組ませるなら、まずは必ずコピーをしましょう(笑)

絶対に一回では解けない問題、出てきますから…

でもね、結構コピーって面倒…

うちのコピー機は、自動原稿送り装置(ADF)がついている、レーザーコピー機なので、めっちゃ印刷速いし、楽ちんなんですけどね。

(ADFは、複数枚差し込んで、勝手にウィーンウィーンと読み込んでくれるやつ…)

っていうか、小学校受験するなら、ADF付きのレーザーコピー機、購入検討をお勧めしますよ(笑)

うちでは…

  • まずひとりでとっくんを裁断!背表紙ごと、バッサリやっちゃいます(笑)
  • 後は問題部分をADFに突っ込んで、コピーするだけ
  • まずは15ページまでを、3部ずつコピー

って感じにしています。

ひとりでとっくん100の使い方

まず、初めて取り組む問題集の場合、

  1. 1ページから順番に解いていく
  2. つまづいた(間違った)ページで止まる
  3. 解説

をひとまとまりとします。

次の日以降、同じ問題集に取り組む時には、

  1. つまづいたページのみ解かせる
  2. そのページが解けるようになるまで、繰り返す(最大2回)

で、つまづいたり、間違ったりしたページが出来るようになったら、

  1. また1ページから解く
  2. 前回つまづいた(間違った)ページは解ければそのまま通過
  3. 新しくつまづいた(間違った)ページで止まる
  4. 解説

これをとにかく繰り返しています。

つまづいた(間違った)問題・ページ

ただし、つまづいた(間違った)問題やページについて、注意点があります。

一度解説してみて、「なんとなく理解したみたいだな」という状態でなかった場合…

まだ、子どもの脳では処理できない問題だ、と思うほうが良いです。

無理やりできるようにする必要はありません。

だって、対象年齢年中の問題集ですよ!?

年少さんで取り組んでるんですから、そのくらいの感覚でいなきゃダメです。

親子共々疲れます…;

なので、解き直しは最大2回。

それで解けないのなら、いったんその問題集からは離れましょう♪

もちろん、解説してみた時点で、

「あ、この子、わかってないわ…(笑)」

と思ったら、その時点でその問題集から離れてOKです!

年少さんからペーパーをするなら、この感覚は絶対に大事!

ひとりでとっくんを、毎回1ページ目から解く理由

小学校受験では、作業スピードも求められます。

作業スピードというのは、脳内の処理能力に直結しますので、今後の中学・高校・大学受験でも有用だと思っています。

そのため、この作業スピードを上げることを目的に、ここは思う存分復習から取り組ませます(笑)

とはいえ…さすがに3回も4回も正解になっていて、スピードもついている問題であれば、飛ばしてしまうということもあります。

どのページがどの程度できているのか

「1ページから解いても意味ないな」

と判断するため、

「各ページがどの程度の理解度で解けていたか」

を把握できるよう、視覚化しておきます。

ここを曖昧にしてしまうと、せっかく処理スピードを上げるチャンスなのに、逃してしまいます…

処理スピードを上げることができると、親はもちろんですが、子どももゲーム感覚で取り組むことができます。

面倒でも、各ページの到達度チェック表を

正直、これは面倒です。

が、面倒な分、やっただけの価値はあります!

取り組んでいるひとりでとっくんごとに、到達度チェック表を作ります。

記載項目は、

  • 日付
  • どの程度できたか

です。

どの程度できたか、に関しては…

「完璧(速い!)」「できてる」「何かしらのフォローが必要だった=できなかった」

だけでOKです。

◎・○・×の3種類の記号だけで良いわけです。

うちでは、チェック表はエクセルでひな形を作っています。

なので、ちゃちゃっとメモするだけって感じですね。

◎が3回続いたら

◎が3回続いたら、基本的にそのページは外すようにしています。

ここは、うちでは…って話なので、ご家庭によって変えていってくださいね。

それから、○はぜひとも◎になるように、何度も何度も解かせてあげてください。

基本的に解ける問題であるならば、子どもはゲーム感覚で解いてくれるので、ペーパーが嫌になりません。

なので、○の問題は「その子にちょうど良いページ」と考えてください。

小学校受験まではまだまだある

ここまで、ひとりでとっくん100シリーズの年少さんでの、うちの取り組み方をご紹介しましたが…

小学校受験まではまだまだ長いです。

そのため、焦る必要はない、ということを覚えておいてください。

「できなくて当たり前、できたらすごいんだ!」

と、心にとめておいてください。

(私も反省…;)

まだまだ時間はありますので、子どもと楽しく取り組むことを目標に、ひとりでとっくん100シリーズ、ぜひ取り組んでみてくださいね。