【まろんの幼児教育レポ】年少 4月第3週

  • ライター:まろん
  • レポ期間:年少 4月第3週

こんにちは、まろんです。

2週目にして、幼稚園は毎日行くものらしい…と気づいたチビまろ(笑)

ちょっと甘えん坊だったり、情緒不安定だったり、と家では中々厳しいのですが、家庭学習は思ったよりできています。

机に向かうことを当たり前にしておいて良かった…とつくづく感じます。

今週はプールはお休みしましたが、幼児教室と図書館には通えました。

この1週間で行った幼児教育

ワーク系

教材・取り組み 内容
きくきくドリルSTEP1 3セット
くもん教材さんすう6A 20ページ
こどもちゃれんじ すてっぷ
思考力ぐんぐんワーク
7ページ(言語・論理・図形・数量)
こどもちゃれんじ ほっぷ
キッズワークプラス
古い年度の9.10がつごう
28ページ(のり・シール・季節の仲間分け・数字・ひらがな・間違い探し・運筆・塗り絵など)
がんばる舎 すてっぷ2-7 13ページ
運筆・迷路・点描写系教材
幼児教室の宿題
16ページ
Z会かんがえるちからワーク
3月号
12ページ
幼児ポピっこきいどり
おためし号
14ページ

ワーク系以外

  • 毎日の読み聞かせ
  • こぐま会おけいこカード02
  • こぐま会おはじき、なでしこ教室具体物等
  • パズル系(絵合わせやタングラム、図形パズルなど)
  • こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉のひらがななぞりんマシーン
  • iPad知育アプリをなぜか大量…

今週の課題と取り組み

先週のつみき体験から延長して、かたちのパズルやタングラムが楽しいようです。

出してあげると食いついて遊んでいたので、「ああ、買っておいて良かった~」と思うものが多いです♪

それから、なぜだか久々にiPadを使って、大量の知育アプリに取り組んでいました(笑)

ワークのほうに関して言えば、今週は鉛筆の持ち方に注視しました。

鉛筆の持ち方って難しい…

ちょっと前から気になっていたのが、鉛筆の持ち方。

迷路をたくさん取り組んでいたせいか、先の道を見たくって、手首を持ち上げてしまったり、鉛筆を内側に巻き込んだり…

ちょっと変な鉛筆の持ち方をしていることが多いんですよね。

本当に気になってしまって…

なので、幼児教室の担当の先生に「鉛筆の持ち方が気になるんですが、どうしても気になり始めると、全部気になっちゃって、もうダメなんです(笑)」って相談してみました。

いやほんと、机の時間って私にとってもチビまろにとっても、いつでも楽しいとまではいえないけど、真剣に向かい合える大事な時間なんですよね。

それなのに鉛筆の持ち方で、カリカリしてしまって…

ああ、どうしよう~となっていたもんで(笑)

そしたら、

「『鉛筆の正しい持ち方はこうだよ』って1日1回だけ言ってあげて、あとはそのままで大丈夫。チビまろくんは無理やり教え込まなくっても、自分で気になったら直すと思うから。その代わり、『正しい持ち方はこう』って知っていたほうが直しやすいから、ちゃんと毎日教えてあげて」

と言われました。

なんでこういちいち的確なんですかね~、先生のアドバイスって(笑)

っていうか、わかってるんですよね、私も。

絶対何回も言ったってしょうがないって。

空気が悪くなるだけだって。

でも、気になる…ってなっちゃっていて。

そんな時に、「1日1回言えばいい」って決めてしまえば、とっても気が楽になります。

そして先生にそう言われたから!っていう大義名分もある。

こういう時、やっぱり幼稚園とは別に、勉強を見てくれる先生がいるってのは良いな、と思うわけです(笑)

いやそれにしても…年中夏前後でこの幼児教室を辞めてしまうのは、もったいなぁ…

それで、ちょっと思ったんですけど、たっか~い家庭教師。

あれって…うちの家と合えば、小学校6年間、週1回お願いすると、親と子どもの調整役にとっても良いんじゃない!?っていうところ。

ただ本当にそれをするなら、家庭教師だけで月4万以上を確保しないといけないので、まだまだ迷うとこです…

ひらがなの読み書き

鉛筆の持ち方もまだまだなもんで、ひらがなの書きは相変わらず、停止中。

逆に読みはびっくりの成長速度で、ほぼ完璧になってくれました。

もちろん拗音、促音、長音、撥音も…!

他にも、

「”おとうさん”っておはじきで置いてみて」

「お・と・う・さ・ん」

と、ちゃんと長音もOK!

「お・と・お・さ・ん」

って言わなかったわけですね。

もちろん、これからまだまだ確かめないといけない言葉はありますが、それでも十分!

最近はカタカナと漢字にも興味深々なんです…

”お願い”と書いてあるのを見て、「お・いって書いてあるよ!全部読めない…」と。

「お・ねが・い、だよ~。真ん中の漢字は、ねがって読むの」なんて教えています。

漢字カードでも買ってあげようか…と思うほど、「読めないことが気に食わない」よう。

まぁとりあえずは一年生の漢字を、部屋中に貼ってあげようかしら?(笑)

その流れで気になっている「辞書引き学習」

漢字に興味があり、かつ、言葉にも、とっても興味があるチビまろ。

どうしようかなぁと考えていてちょっと気になっているのが「辞書引き学習」です。

辞書だけでなく、図鑑もそうなのですが、「興味があったものを自分で調べる」という習慣を付けさせてあげたいと思っています。

自分が面倒くさがって、かつ、興味がある時期を過ぎてから、それらを与えられていたので、もっと前の時点から、当たり前のように家にあるほうが良いのではないかな、と。

現状、もちろんのように図鑑は持っていますが、あまり使いこなせていない印象。

まぁこれは、私も一緒になって読んだりしないから、なんですけどね。。。

その点、辞書引き学習なら、私も一緒に楽しめそうだな…なんて思っています。

普通に楽しそうなんですもん(笑)

とはいえ、まだまだ普通の辞書は無理だろうから…

言葉絵辞典的なものを買う必要があります。

しかも、せっかくなので…私用とチビまろ用の2冊(笑)

私は国語辞典で、一緒に楽しもうかなと。

~~~以下、ちょっとした愚痴~~~

…そういえば、一時期私が広辞苑に興味を持った時、私の母が「調べるより聞いてよ、もうそんな時間ないんだから」みたいなことを言ったんですよね…

今思うと、教育ママの中でも最悪な教育ママだな~みたいな(笑)

そりゃ辞書引きなんて面倒だ…ってか、効率悪くない?になるわ。。。

辞書引きとかって効率どうのでいったら、きっと効率は悪いんだと思います。

でもやっぱり自分で調べて、わかるってのが楽しいんですよね。

勉強ってそれが醍醐味なのに、全て奪い取っていた私の母。

テストの点数や順位にしか興味がなく、それによって機嫌が変わる。

いや~、ああはなりたくありません…

まさしく「子どもを勉強嫌いにさせる親」の見本っていう(笑)

思考力ぐんぐんワーク

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉思考力特化コースを受講していますが…

思考力ぐんぐんワークは、楽しいですね~

というか、チビまろに本当にぴったりすぎて、気持ち悪い…(笑)

となると、多分、年中さんだと物足りないんじゃいかな、とは思います。

さて、下の写真の右ページ「あてはまるものをさがそう」ですが、〈ほっぷ〉の2.3月あたりでも似たような問題は出てきています。

が、下の方に書いてある「○を つけなかった かばんは どんなかたちで どんなものようかな?はなしてみよう」という文。

こういうちょっとした文章が、助かるんです…

机に向かって取り組んでいると、無心でやっている時には、こういう余裕がないんです(笑)

なので、こういう声掛けしてねっていう、解説?が助かる!

やっぱり思考力ぐんぐんワークは助かります…

自分で言うってのは、本当に大事なもんなんですね。

来週以降の課題

鉛筆の持ち方について注意は、毎日1回だけ!

っていうところは絶対にしたいのと、辞書について調べるのが来週の課題かな…