【ばくの幼児教育レポ】年長 4月第2~3週

  • ライター:ばく
  • レポ期間:年長 4月第2~3週

こんにちは!ばくです。

年長に上がって1週間。
息子は毎朝、「年少さんのお手伝いをするんだ!」とはりきって幼稚園に行っています。

目覚ましが鳴る前に起き、朝食を猛スピードで食べ(ちゃんと噛んで欲しい)、気が付くと着替えも歯磨きも済ませて玄関に立っています。

今まで、朝は急かしてやらせるのが大変だったのに…と思うと、変貌ぶりにびっくり。

自分より小さい子のお世話をするって、子供にとってはものすごく誇らしくて成長する出来事なんだろうな、と感じます。

2年前の年長さんも、こんな想いで息子たちを見守っていてくれたのかと思うと胸がいっぱいになります。

その反面、新学期が始まって少し疲れている模様。
毎日お稽古から帰ってくると夕食前に寝てしまうので、GWぐらいまではスケジュールを詰めすぎずにのんびりさせてあげたいと思っています。

では、今週も我が家の幼児教育を紹介します。

ペーパー学習は半分にし、知育をメインに

春休み中はペーパー学習を中心にやってきましたが、今週は疲れもあるようなのであまり無理をさせず、マグネットブロックなどをメインに取り組むことにしました。

この一週間で行った幼児教育

教材・取り組み 内容
ひとりでとっくん(こぐま会) 15分×5回
ひとりでとっくん365日(こぐま会) 15分×5回
マグネットブロック 30分×1回
きせつカード 30分×2回
ステップタングラム 30分×1回

マグネットブロックで空間認知を育てる

空間認知が苦手で、将来は数学で苦労することが予想される息子。

キューブ積み木で遊ぶだけではバリエーションも少なく、飽きやすいのでマグネットブロックを買ってみました。

5歳を過ぎたし今更かな、とは思いましたが、よく調べてみると、小学校3年生ぐらいまでは学校の授業で使われることもあるそうで、それならまだしばらく活用できると踏んで購入しました。

人気の「マグフォーマー」はお高いので、我が家のものはなんちゃってです。

今回は一緒に車や観覧車を作ってみました。

観覧車

お手本を見ながら慎重に組み立てていきます。

特にコメントはなく…黙々と集中して作業していました。

結論から言うと、息子は作る過程よりも完成したおもちゃで遊ぶ方が好きなようで、何度も壊して作り直す、というようなことはしてくれませんでした。

でもそれなりに楽しかったようで、継続して取り入れられそうです。

遊びながら立体の構造を理解してくれたらいいなと思っています。

ペーパーは得意分野を中心に、のんびりウイーク

今週は疲れ気味なので、お稽古を全力で頑張ってもらうことにし、家では得意分野を中心に取り組みました。

お話の内容理解

まずは、ひとりでとっくんから「お話の内容理解」です。
簡単な文章を聞いて、その内容についての質問に答えるというものです。

一問目の問題文はバスでデパートに行き、お父さんの靴と靴下を買い、次に帽子を買って電車とバスで帰ってきたという内容でした。

①何を買ったか
②帰りに乗った乗り物は何か

問題文を読み上げた後で、上記の質問をします。
短い文章ということもあり、スムーズに正解できました。

引っかかったのは3問目です。お友達が遊園地に行く話なのですが、途中に野菜畑や牧場があり、最後に遊園地に着くと乗り物が複数出てくるため、集中していないと聞き逃しそうです。

質問は

① 畑に植えていなかった野菜は何か
② 出てきた動物は何か
③ 遊園地で遊んだものは何か

以上の3つでした。

①と②は正解したのですが、③は「乗りたかったけど乗れなかったもの」にマルを付けてしまいました。

この種類の課題に取り組む際、間違っている箇所がある場合は答え合わせ前に再度問題文を聞いてもらうことにしています。

今回もそうしたところ、「あ、間違ってる」と自分で気が付き、直していました。

方眼上の記憶

次は、「方眼上の記憶」です。絵を25秒見て記憶し、ページをめくって白紙を見ながら何がどこにあったか答えるというものです。

この絵を25秒間見て覚える

そして質問に答える

息子はいつも大体3秒ほどで「もう覚えた」と言いますが、実際にその通り…ということは全くないので時間いっぱい集中して絵を見せるようにしています。

一度なぜそんなに早く記憶をおしまいにするのか聞いたところ、「忘れないうちに答えたい」と返ってきました。

覚えていないので忘れようがないのではと思うのですが、このせっかちさには苦笑してしまいました。

この課題は得意なので特に間違うこともなく、スムーズに解くことができました。

ただ、果物の位置を記憶する問題では解答の必要がないものもあり、そのうちのパイナップルの場所がどうしても描きたいというので、二重丸を描いてもらいました。

まとめ

最近、机に座って毎日ワークに取り組むことがすっかり日課になりました。

時間がある春休みに習慣づけができたことが功を奏している感じがします。

しかし、今週は新学期の疲れが見え始め、本人のペースに合わせています。

まだしばらくはこの緊張感が続きそうなので、次週も得意なことを中心に遊びながら学べる知育グッズなども取り入れていきたいと思います。