【ころりんの幼児教育レポ】年少 3月第5週

  • ライター:ころりん
  • レポ期間:年少 3月第5週

こんにちは、ころりんです。

今週も春休みの真っ只中!

桜も見ごろをむかえ、お友達とお花見をしたり、公園でめいっぱい遊んだりしました。
また、山登りもしました。

お外で元気に遊んでも、決めた時間にしっかりワークをしました。

今週は、平仮名をいっぱい練習できました!

苦手意識の強い平仮名。

息子はなかなか平仮名ワークをやりたがらなかったのですが、今週はお手紙作戦でたくさん書くことができました。

この1週間で行った幼児教育

教材・取り組み 内容
学研の幼児ワーク
とけい 5~6歳
p.38~40
学研の幼児ワーク
ひらがな 4歳
p.12~14
表をなぞってお手紙を書いた
KUMON めいろあそび
のりもの 4・5・6歳
p.30~33
p.38~44
KUMON やさしいすうじ
3・4・5歳
p.39~40
KUMON かみこうさくあそび
4・5・6歳
1つ
七田式・知力ドリル
ちえ 4・5歳
p.2

平仮名表をなぞったら書けた!

最初は、息子が「パパにお手紙を書きたい!」と、帰りの遅いパパへのお手紙を書くことから始まりました。

折り紙の裏に、一生懸命書いていきますが、「あれ~、どう書くんだっけ?」と平仮名が分からなくなってしまった様子。

平仮名ワーク1ページ目にある「ひらがなひょう」を見せて、探して書いていましたが、それでもなかなかうまく書けない・・・。

息子は、平仮名を読むことはできるのですが、書くのが苦手。

苦手意識からワークもやりたがらない。

だから、いつまでたっても書けないし、書こうともしない・・・そんな状態でした。

自分から書きたがるなんてこれはチャンス!とばかりに、一緒に取り組みました。

偶然、薄い折り紙を表の上に置いたら、下の文字が透けて見えていることに気が付きました。

そこからは、俄然やる気を出した息子。

「なぞったら、書けるよ!!」

平仮名をなぞって、パパにお手紙を書くことが出来ました。

それから、平仮名表を「あいうえお・・・」と順番に全部なぞっていきました。

あんなにやりたがらなかったのに!と、ちょっと感激しました。

ワークについてる平仮名が結構小さいのですが、なぞれていたのを見て、迷路ワークを好んでやっていたからこそ、指先の力の入れ方や細かい動きができるようになったことに繋がったのかなと思いました。(最近の迷路ワークについても、下にレポしていきますね。)

少し前までの息子だったら、大きくはみ出し上手に書くことができずに、やる気もなくしていたことと思います。

ただ、今回はなぞって一見きれいに書けましたが、実は書き順がバラバラなんです・・・。「ほ」の上にも出ちゃってますしね。

折り紙をつかってお手紙を書いた後、「平仮名のワークもしてみようか」と聞くと「やるやる!」と乗り気になってくれたので、なぞるのとは別にワークもしっかりやっていこうと思います。

迷路はまず指でたどってから書いてみよう

ページが進むごとに難しくなってくる迷路ワーク。
線と線の間も狭くなり、複雑になってきました。

いきなり鉛筆で書いていくと、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

鉛筆を進めて、行き止まりだと戻り、また同じところで引っかかるのを繰り返してやっと気が付く・・・。
分からなくなって違う色のペンを使ってみたり。

すると、「おうちのかたへ」とあり「指でたどってから鉛筆を持つと安心して進められる」と書かれていました。

さっそく息子に伝え、まず指でたどりその後鉛筆で書いていくとスラスラ、たまに間違えますが、ゴール出来ました。

迷路ワークは楽しみながら、判断力・集中力も養えるようで、とってもオススメです!

来週はいよいよレゴ教室が始まります

わくわくドキドキのレゴ教室。
最初の授業はどんなことをするのかな?息子も私も楽しみです。

そしてまだまだ続く春休み。来週で最後の1週間です。
来週は、図書館へも行く予定です。