【スプライトの幼児教育レポ】年中 3月第5週

  • ライター:スプライト
  • レポ期間:年中 3月第5週

こんにちは、スプライトです。
春休みも後半に入りました。祖母の家での生活も今週で終わりです。

自然に触れ合いたかったのですが、虫嫌いの長男に拒否され、動物園に行ってきました。

触れ合えたのはモルモットだけという悲しい結果ですが、小さな遊園地にも行けて楽しかったそうです。

新年度に向けてそろそろ準備を。

春休みも残りわずか、4月から年長になるわけですが、このままの自宅学習でよいのでしょうか?

好きなこともやりたいこともさせてきましたが、まだ知らない世界があるのかも。

伸ばせる分野は?
新年度の課題を見つけるためにも今週は総復習をします。

この1週間で行った幼児教育

教材・取り組み 内容
集中ワーク2 分野(図形・注意力) 7ページ(10分/1日)
国語「もじをよむ・かく」 6ページ(10分/1日)
算数「たしざんひきざん」 7ページ(10~15分/1日)
マス計算ドリル たし算ひき算 3ページ(10分/1日)

集中ワーク2分野(図形・注意力)

今週は「模写」でした。

難しくないのか一人で解いていましたが、1問解くたびに「ママ、正解かな?ここに書くんだよね?」と話しかけてきます。

これでは全く集中していません。

「1ページ終わるまでお話ししないで解こう。」と言っても自信があるのか、答えがあっているか不安なのか話しかけてきます。

「時間を計ろう」と提案して、翌日から時間を計ることにしました。

「三角が上手にかけない。」「一つあけて○でしょ。」など独り言を言いながらですが解けていました。

国語「もじをよむ・かく」

今週は、文字を書く問題と絵を見て文を考えて書く問題、そして音読の問題でした。

「もじをよむ・かく」のテキストも今週で終了し、総まとめでした。

絵を見て自分で文を作る問題では少し苦戦していました。

「船が海を歩いている。であっている?」

「船は歩かないよね?どんな風に表現したらいいかな?」

「分からない。」

「車だったらどうかな?」

「動く」

「動く。も正解だけど、進むっていう表現はどうかな?」

「じゃあ、船が海を進む?」

「正解。どんな風に進んでいるかな?それと問題文には○○ます。という文にしましょう。と書いてあるよ。」

「うーん、船がゆっくり進んでいます。」

という感じで解きました。

文を□の中からどうやったらはみ出さずに書けるか、戸惑いながら何回も書き直していました。

文字を書くのが精一杯だったのに、文を考えられるようになるとは驚きです。

算数「たしざんひきざん」について

今週も、2桁の引き算でした。

「できる」というので彼に任せて終わるのを待ちました。

「十の位はそのままで、5から2をとると・・」指を使いながら計算していました。

「ママ指が足りないよ。手を貸して。」と言ってきたので問題を見ると「19-2=」という問題でした。

「よく問題を見て。足し算ではないよ。引き算だよ。」

一の位9と2を足そうとしていました。

+と-の意味を間違えてしまうことも多いけれど、繰り返し問題を解くことで克服していってほしいと思います。

また、足し算の総復習も兼ねて今週からマス計算ドリルを追加しました。

「まだ今のワーク終わっていないよ。」と言われたので、毎日はできなかったけれど、「どんなワークか知りたくないかな?一度解いてみよう」と提案して解かせました。

繰り上がり算が交ざっていたので心配でしたが自分なりに数えて解いていました。

1ページがボリュームある内容になるので、最後まで集中できるか不安ですが、必ず1ページと決めず集中力が続くところまで行い、入学までにマスターできるようにしたいと思います。

まとめ

ここ2週間、普段より多くの時間を長男と一緒に過ごすことができ、一緒に取り組むことで彼のやる気がUPしていることに気が付きました。

「体験」を次の1年の目標にしたいと思います。

私の意見を押し付けていた部分もあったと反省し、彼のやりたい事に耳を傾けていきたいです。

自宅学習では色んな分野の教材を学習しながら、「○○ワークがやりたい。」と言ってくれる○○を見つけていきたいと思います。