【なつの幼児教育レポ】年少 3月第4週

  • ライター:なつ
  • レポ期間:年少 3月第4週

こんにちは、なつです。

年少最後の週は、1年間の作品や写真を持ち帰ってきており、娘と一緒に成長をふり返りました。

週の真ん中の祝日は、私たち夫婦は仕事、子どもたちはそれぞれのちゃれんじというワークデイでした。

みんなで事務所のように机を取り囲んで一斉に行ったので、みんなが集中してできていました。

先週からはじめたこどもちゃれんじは、毎日続けられるよう、幼稚園から帰っておやつが終わった時を取り組みのタイミングとしました。

まだ初めて1週間ほどですが、習慣化しつつあります。

今週の取り組み

教材・取り組み 内容
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
キッズワーク
13~48ページ
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
思考力ぐんぐん
7~13ページ
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
ひらがななぞりん
主に名前縦書き
ディズニーの英語システム 聞き流し 20分/日
読み聞かせ、一人読み 各2冊/日
バレエ・スイミング 各週1回
ピアノ練習

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉キッズワーク

キッズワークは、B4程の用紙に片面ずつ別テーマで、言語・図形・論理・数量などを組み合わせた問題になっています。

どれも、イラストの中に答えを作り出す、またはイラストから答えを拾いあげるような問題で、単純な形式のものでした。

娘にとって分かりにくいと感じることもなかったようで、片面の1つの問題にかかる時間は3~5分ほどでした。

そのため、このキッズワークに関しては一部のやり直しを除き、1ヶ月分が1週間も経たずに最後まで終わってしまいました。

しかし、スラスラ解けるがゆえに、一つ一つがやや雑になってしまっていることが気になっています。

文字をなぞる問題に関しては特に流してしまう傾向があり、線をきちんとなぞれていないなど、字の習得になっているのか不安があります。

絵を作りあげたり、シールを付け足したりする作業は好きなようで、じっくり時間をかけて丁寧に取り組んでいました。

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉思考力ぐんぐん

こちらのワークでは、問題文にやや一ひねりあることが多いということもあり、正確に読み取れていないことがあります。

単純な問いの場合でも、じっくり読み取る習慣がついていないため下の写真のように解答方法を間違えることがありました。

今回のワークで新たに気づいたことが、図形問題の理解がしにくいということでした。

どうしてもみたままの図形しか認識できていないようで、大きさや角度が変わると別物と認識しているようでした。

また、複雑な図形が複数ある場合も、整理するのが難しい様子でした。

こどもちゃれんじ ひらがななぞりん

先週たくさん使いすぎたこともあり、今週はやや登場頻度が減りましたが、今週は特に名前の縦書き練習に励んでいました。

縦書きはバランスがとりにくかったようで、ノートに書いてはなぞりに戻るというのを何度も繰り返していました。

ディズニー英語システム 聞き流し

前回挑戦した課題曲の1つは何とか合格できたので、現在やや単語数の増えた曲の練習をはじめました。

課題応募のペースは最近すごくゆっくりになっており、毎日聞き流しをしているだけですが、着実に習得に繋がっていることがわかったのでこのまま焦らず続けていこうと思います。

ピアノ練習

4月からのレッスン開始が近づき、レッスンバックや楽譜ファイルの準備を始めました。

自分専用のピアノバックができたことでさらにモチベーションが上がったようで、遊びながら行っていたピアノ練習が、兄の見よう見まねで本格的に1曲を弾きあげようとしていました。

次週の課題

キッズワークは一旦一通り終了しましたが、流して取り組んだ部分を中心にもう一度再確認したいと思います。

思考力ぐんぐんでは、問題文を正確に読み取ることや図形問題への挑戦を続けていく予定です。

娘の場合、新しいものに極端に集中してすぐに飽きてしまう傾向があるので、毎日コンスタントに続けていけるように何か工夫していかなければいけないなと感じています。