【まろんの幼児教育レポ】プレ幼稚園 3月第4週

  • ライター:まろん
  • レポ期間:プレ幼稚園 3月第4週

こんにちは、まろんです。

今週のスケジュールは、幼稚園と水泳教室が各2回、その他は祖父母の家に行ったくらいでしょうか。

やはり幼児教室がないと、本人の疲れ具合がぐっと下がるような気がします。

この1週間で行った幼児教育

ワーク系

教材・取り組み 内容
きくきくドリルSTEP1 8セット
Z会年少
かんがえるちからワーク
3がつ
4ページ
こどもちゃれんじ ほっぷ
キッズワークプラス
古い年度の7がつごう
32ページ(のり・シール・仲間分け・数字・ひらがな・間違い探し・迷路など)
こぐま会そらクラス
こぐまのおけいこ2・3・4月号
23ページ
こぐま会そらクラス
なかまあつめ
6枚
がんばる舎 すてっぷ2-6 26ページ
学研の幼児ワーク
めいろ 3歳
27ページ
はさみ系おけいこ わからないくらい大量…

ワーク系以外

  • 毎日の読み聞かせ
  • とにかくはさみ!週間…
  • おけいこカード01(こぐま会こぐまオリジナル知育教材 ひとりでとっくん365日 学習内容準拠)などのこぐま会関連の具体物
  • 小麦粉粘土(いつも油粘土ですが、小麦粉のをもらったため)

今週の課題と取り組み

前半は、とにかく「はさみで切りたい!」週間でした。

本当にその子の適正時期ってあるのね~と。

その後、いったん落ち着いてからは、しっかりめにワークをこなしました。

週の途中からは、「がんばる舎のすてっぷを毎日取り組む」を目標にしていました。

チビまろのはさみ熱はこの教材から

こぐま会のそらクラスで取り扱っていたらしい教材「なかまあつめ」です。

元の状態を全く撮っていませんので念のため流れを書きますが、やることは単純です。

  1. 全ての食べ物カードが白黒だったので、まずは色塗り
  2. 食べ物カードを切り、しっかり食べ物の形にする
  3. 食べ物カードをお店ごとに分類する
  4. 食べ物カードを貼る
  5. 食べ物の名前をスタンプで押す

ええっと…5番目はオリジナルです。

ひらがなスタンプが家にある、というご家庭は少ないと思います…

それから2番目も、本来は「保護者の方がハサミで食べ物を切って…」という指示です。

食べ物カードが多すぎる…!

さてこちらの教材ですが、さすがに食べ物カードが多すぎます。

17枚もありました。

全ての色塗りなんて、絶対飽きる!!!

ハサミ切りなんて、もってのほか!!!

なので、最初から私は「肉はお母さんが塗るね~、チビまろはどれ塗る~?」なんて、完全に一緒に始めました。

これが良かったようです…

塗るのもハサミで切るのも、スムーズに進みました。

チビまろ先生の登場

途中からは、完全にチビまろ先生が登場しました。

私「これってどうやって切れば良いですか~?」

チビ「これは…こう!ですよ~。お手本見せますね~。」

…(笑)

なんだかとっても楽しかったようで、ノリノリでハサミを使っていました。

親が一緒に、は分かっているが難しい

親が一緒に取り組む、というのは、子どもが楽しむきっかけになることは知っていました。

しかしなかなか実行できずにいました。

だってハサミ使っているのとか、私が見てないと怖かったんです…

が、今回は図らずも、いつの間にやら私も集中して作業していたので、チビまろは「親の目がなくてもハサミが使える」ことに歓喜していたようです。

良い形で、「一緒に作業」ができたと思います。

そんなこんなで、この後、大量のハサミのおけいこを行いました。

ハサミの上達加減

3歳を過ぎた息子。

ハサミの上達加減は、可もなく不可もなく、というところです。

綺麗な丸は切れないですし、ギザギザも変なところを切ることが多いです。

それでも楽しんでいるので、もっと上達してくれるだろう、と期待?しています(笑)

切ったものを見立てる

先ほどの写真の中で、ギザギザに切ったものが「山」や「王冠」に見える、というチビまろからの話で…

こんなものも作りました。

「だるまさんが」の絵本のだるまさんが王冠を被ってる絵になりました。

これは完全に結果論です(笑)

私「せっかくだし、王冠の下に顔かく?」

チビ「うん!」と言いつつ、赤クレヨン(笑)

私「え?赤…?」

チビ「うん!」と言いつつ、書く(笑)

チビ「……だるまさんが!」

私「…可愛い!!!ほんとだ、そうだね!」

私は赤で顔をかくの…?という感じだったのですが、素晴らしい結果になり、私も嬉しかったです(笑)

切ったもので遊ぶ

こちらは、くもんのハサミのワークだったと思います。

ワークの紙部分しか残ってなく、正直、うろ覚えです(;´・ω・)

最初は、こちらのサンドイッチとしゃくとりむしを切りました。

しゃくとりむしが、サンドイッチを食べて…なんて言っていたら、あらまぁ、カエルさんがいるではないか!と(笑)

「ムシがカエルに食べられちゃうよ~!あ~ん!」なんてやっていたら、楽しくなってきて、大はしゃぎのチビ。

そしてとうとう、ヘビを見つけた私(笑)

「カエルはねぇ、ヘビに食べられちゃうんだよ~~!」と…。

なんという弱肉強食。

でも、やはりこういうのは、男の子だからでしょうか。

とても楽しんでいました…ね。

少しは目を離す

さて、そんなわけで、図らずも「ハサミを自分ひとりで使う」ということができたので、息子にとって大きな自信となったようで…

その後、色々なものを「自分ひとりでやる!見ないで!」ということが増えました。

のりやハサミはもちろん、ワークも、です。

とりあえずそれでできるのは、「がんばる舎のすてっぷ」。

現状、同じプリントを3セット行っているので、さすがに問題の型は覚えてしまっています。

元々、プリントに問題文がないので、私もなぁなぁで問題を作ってしまっていますが(笑)

すてっぷは、必ず3~4枚をホッチキスでとめて、それを渡すようにしています。

そのため、「これ終わらせて~」でなんとかなります。

中には記憶問題や保護者が切り取る必要のある問題がありますが、それはこちらで先に指示をしておけばよい話。

それ以外を息子が自分で勝手に解いてくれるので、一気に楽になりました。

なんでも「自分でやる!」欲がある年頃ですが、ワークまでそうなってくれたのは、本当に助かります…( ̄ー ̄)

息子にとっても良い刺激のようで、「少しは目を離す」のも大事になってきたなぁと感じました。

同じ道は通れない

さて話は変わりまして…

迷路で「同じ道は通れません」という指示がありますよね。

写真のような迷路なんですが…

息子にはこれがあまりしっくりきていないようです。

というか、なんとなく同じ道は辿らないようにしているけれど、そこまで気にしてない、という感じでしょうか。

これは訓練ですね。

少しずつ、条件迷路の経験も増やしてあげようと思います。

こぐま会のそらクラス家庭用教材「こぐまのおけいこ」

「こぐまのおけいこ」ですが、無事、4月号に入ることができました。

3月中に4月号に入れて一安心です。

私の計画では、4月からはこどもちゃれんじのすてっぷが始まりますし、がんばる舎のすてっぷ2も夏前には終わらせたいですし、Z会のぺあぜっとも始まりますし…

と、なかなか取り組む教材が多い予定なんです。

なので、できればこぐまのほうは4月号を3月中に終わらせておきたかったのです。

なんとか今月中に終わりそうで、安心しました。

長いものはどれ?

このプリントに取り組んで、「大きい」「長い」の違いが分かっていないことがとてもよく分かりました。

特にクジラです。

クジラは「長い」と思ったようで…間違ってはいないような気はするけど…と私も思いつつ、「大きい、だね。長いものはね、細いものが多いよ。」と話をしました。

また、豚の尻尾も「長い」ものに選びました。

ん~~~~、確かに比較対象がないと、「長いのかどうか」はわかりづらいものなのか…と。

ここらへんは、感覚的なものがあると思うので、もう少し訓練していかないとなと感じました。

~の上

「ベッドの上に○を書いてください」

「頭の上に○を書いてください」

「机の上に○を書いてください」

そして最後に

「1番上の引き出しに○を書いてください」

…絶対タンスの上に○を書きます。

いや、気持ちはわかりますけどね。

もうちょっとよく聞きましょう、と。

でもこれって、やっぱりよくできてるな、と思います。

ちゃんとわかってないと書けないですね。

来週以降の課題

まだZ会とこどもちゃれんじの4月号が届きません…

こちらが届いてくれないと、なかなか今後の予定が立てられない。

それらが届き次第、計画を立てることから始めようと思います。。。

って、これは私の課題ですね…