【なつの幼児教育レポ】年少 3月第3週

  • ライター:なつ
  • レポ期間:年少 3月第3週

こんにちは、なつです。

今週幼稚園では2回目のインフルエンザの流行がありましたが、その波には飲まれず毎日登園できました。

帰宅後のお友達との遊びもみんな控えていたので、ゆっくり家庭学習に取り組めま

した。今週は娘念願のこどもちゃれんじ〈すてっぷ〉が届き、大喜びで取り組み始めました。

ワーク2種類、エデュトイ(ひらがななぞりん)、遊びセット(迷路)が入っていました!

今週は、今まで興味の赴くままに取り組んできたドリルを流れに沿って進めていく予定でしたが、ちゃれんじが届いたことで完全に意識はそちらへ行ってしまいました。

今週の取り組み

教材・取り組み 内容
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
キッズワーク
1~12ページ
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
思考力ぐんぐん
1~6ページ
こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉
ひらがななぞりん
1日15分
ディズニーの英語システム 聞き流し 20分/日
読み聞かせ、一人読み 各2冊/日
バレエ・スイミング 各週1回
ピアノ練習

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉キッズワーク

こどもちゃれんじのコースを選択するにあたって、今後必要になってくるであろう思考力や表現力を養えるよう、思考力特化コースを選びました。

キッズワークでは、これまでのドリルと同じようにひらがなをなぞるところから始まりました。

これまで取り組んだドリルは50音順に言葉が並んでいるものが多かったのですが、今回取り組んだページでは場面の設定に合わせた言葉を書いていくものでした。

設定があることで場面を想像しながら文字の練習ができており、今回のページでは他の寿司ネタも書きたいと言っていました。

ただ文字の書き方だけでなく、言葉としての習得にもつながっているのを感じられました。

図形のページではおままごとの延長のように、台詞を交えながらシール貼りをしました。

娘のおままごとの設定が入ってしまい、なぜかお弁当は均等になりませんでしたが、娘なりの理由があったようなので今回はそのままにしておくことにしました。

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉思考力ぐんぐん

こちらのワークでは、ひとつではない答えを色々と話しながら導き出しました。

この話し合い、答えまでの複数の道を考えることが今必要とされている思考力なのかな、と考えながら一緒に取組みました。

娘にとっては、答えが複数あることでクイズやゲームのような感覚で楽しみながら答えを探している様子でした。

まだ問題文を先走って読んでしまうので、解答方法をよく間違えてしまいます。

1日にたくさん進めようとすると気持ちが先に行ってしまうようなので、先に「今日はここまでね」と相談して決めてから取り組んでいこうかと思います。

こどもちゃれんじ〈すてっぷ〉ひらがななぞりん

今月号には6枚のカードがついており、透明シートの下にカードを差し込み、自分の名前や挨拶などの簡単な言葉をなぞれるようになっていました。

図形や探検用のカードもあり、続けて正解すると画面のイルミネーションが見られるようになっているものでした。

カバーが3種類から選べるようになっており、娘はこのピンクのカバーがとてもお気に入りです。

まだ届いて1週間も経っていませんが、透明シートはすでに汚れが取れにくくなり、ペンの先がつぶれかかってしまいました。

8月号までカードは続けて届くそうですが、このペースで使い続けていつまでもつかやや不安があります。

次週の課題

今回選択したコースでは、8月号まではキッズワークが1ヶ月に48ページ、思考力ぐんぐんが24ページあります。

ほぼ毎日1、2ページは進めていかないといけないので、毎日取り組むこと目標にしていきたいと思います。

ご褒美シールがあることで、娘もポイントカードのように貯めていくのを楽しんでくれている様子です。

来週で幼稚園が春休みに入るため、時間などに余裕があるようであれば、これまで使っていたディズニーのドリルも進めていきたいと思います。