【すずらんの幼児教育レポ】3歳 3月第3週

  • ライター:すずらん
  • レポ期間:3歳 3月第3週

春らしい陽気が続くようになりました。

平日のお昼は、子供たち(3歳と1歳)を連れて近所の森林公園へピクニックに行きました。

ただ、私は花粉症。
ちょっと外遊びがしんどい時期でもありますが、眼鏡とマスクで完全防備して頑張って公園に行っています!

英語教育に引き続き熱が入っています!

先々週から始めた英語教育、息子のやる気が続いているので今のところ順調に進んでいます。

今週から、新たに英語の絵本を購入して読み聞かせを始めました。

英語の発音に自信がないため、私の朗読は果たして英語教育になっているのか?と少々心配ではありますが、迷っていてもしょうがない、前進あるのみ!と頑張っています。

それ以外は、先週とほぼ同じ幼児教育をしました。

幼稚園に入園する前に、今行なっている幼児教育を日常のルーティーンとして自然に身につけていってほしいな、と期待しています。

この1週間で行なった幼児教育

教材・取り組み 内容
絵本読み 英語の本を中心に、5冊
英単語のフラッシュカード 5分×4回
英語の歌の聞き流し 25分×2回
七田式・知力ドリル「すうじをおぼえよう」 3ページ(10分×3回)

英語の絵本の読み聞かせをスタート!

英語の歌の聞き流しが定着してきたので、少しステップアップして、英語の絵本を購入して読み聞かせをスタートしました。

新しく購入した絵本は、レオ・レオニの「WHO?」です。もともとレオ・レオニのイラストが好きなので、可愛い絵柄に一目惚れして私が購入しました(ネットでイギリスから取り寄せました)

易しい英語で、私でも読めますし、息子も興味深そうに聞いてくれました。

英語の絵本を読むと「生きた英語」に触れている感じがすごくします。
息子がより身近に英語感じてくれればいいなと思います。

ただ、読み聞かせる私の英語の朗読スキルは、早急に上げていかなくてはと思います(笑)。

英単語のフラッシュカードは自然に単語を覚えるようになってきました

息子が、何かほかの遊びをしているときに「pumpkin」とか「goef」などフラッシュカードで覚えた英単語を不意に口にするようになってきました。

ちょっとずつ身についてきているのかな?と嬉しくなりました。

息子はフラッシュカードをちょっとしたゲームの時間だと思っているようで、楽しそうに取り組んでくれます。

英語の歌の聞き流し、息子は少々飽き気味?

英語の歌の聞き流しは続けているものの、息子はずっと同じ歌を毎日繰り返し聞くことに飽きてきてしまったようです。

「違う歌が聞きたい」と抗議されるようになってきました。

確かに、25曲とたくさん曲数はあるものの、毎日聞かされるのはつまらないのかもなあ、と思い、今週はペースを落として聞き流しは2回のみにしました。

七田式ドリルは進め方を模索中

七田式ドリルは、どうやら…完全に飽きてしまったようです!

それとも「スランプ」でしょうか?

「ドリルをするよ」と言うと、「やだ」と反射的に返されることが増えてきました(泣)。

いまは「すうじをおぼえよう」と「そうぞう」の2冊を交互に行なっていますが、別の新しいドリルを購入してみようか検討中です。

息子の興味を引き立てるような声がけや工夫が必要な気がしていますが、なかなか親の私ができていません。

取り組み方、かなり模索中です。

子育ての本を読んで勉強しています

先週も触れましたが、幼児教育を行なっていくに当たり、自分自身も勉強していかなきゃ、と思う機会が増えました。

なかなか思うように取り組まない息子に対して、息子の気持ちや心の成長をもっと理解したいと思い、図書館で手にとった幼児教育の本を読んでいます。

読んでみると、今まで知らなかった子供の成長の仕組みや成長の仕方について学ぶことができました。

時々こういう本を読んでみると、改めて幼児教育への取り組みや、子供への対応についてヒントをもらえるので良いかもしれません。

あとは、幼児教育は続けているうちにどうしても親子ともどもマンネリ気味になってしまうことがあるので、これから色々工夫していきたいと思います。

工夫できることはないかな?とあれこれ考えるのは結構楽しい作業なので、自分も楽しみながら試行錯誤していきたいです。