【なつの幼児教育レポ】年少 3月第2週

  • ライター:なつ
  • レポ期間:年少 3月第2週

こんにちは、なつです。

幼稚園では進級に向けて、クラスを超えた交流会がたびたび行われたようでした。
新しいお友達と給食を食べたり、ゲームをしたりして年中さんに向けて動き出しています。

2学期までは朝教室までついて行き荷物の整理が終えるのを見守っていたのに、気づけば今では門やげた箱まで行くと、そこからは一人で中に入っていき準備も一人できるようになりました。
生活面でも大きく成長していたことをふと気づかされました。

今週の課題

しばらく離れていたディズニーの英語システムに気を向けようと教材を一緒に触ってみましたが、今はどうしてもワークがやりたいようで、どこからともなくアルファベットのドリルを引っ張りだしてきました。

また、兄(年長)の文字や数字、時計練習用のチャレンジ教材の楽しさに気づき、いつの間にか一緒に使い始めていました。

今週の取り組み

教材・取り組み 内容
学研ディズニードリル時計 21~23ページ
はじめてのABC 1~33ページ(なぞりのみ)
チャレンジスタートナビ(新1年生用) 1日15分
ディズニーの英語システム 聞き流し 20分/日
読み聞かせ、一人読み 各2冊/日
バレエ・スイミング 各週1回
ピアノ練習
折り紙

はじめてのABC

購入時期も忘れてしまいましたが、100円ショップのものと思われるアルファベットドリル。
英語ならこれがいいと言い張り、なぞりだけですが黙々と取り組んでいました。

アルファベット以外はほとんど知らない単語ばかりでしたが、知らない単語は書く前に「これは何ていうの?」と聞いて、発音練習にも挑戦していました。

点線は全てなぞるものだと思い、ボールの模様までなぞってありました。
ただなぞっただけですが、単語が書けたということに本人はとても満足そうでした。

チャレンジスタートナビ(新1年生用)

兄の入学準備教材が、ちょうど先週まで取り組んでいたドリルの内容と合っていて、ゲームをするような感覚で復習になりました。

線の運びから書き順、文字の練習をしました。

画面をなぞる形なので、文字自体の練習ができているのか効果はわかりにくかったですが、間違って書くとブザーが鳴るので書き順の練習にはよかったです。

正確に書けると50音表が塗りつぶされていくので、できたところが目に見えるのを楽しんでいる様子でした。

時計についても、2択のクイズ形式で出題されていました。

ただ、この問題に関しては最初から「今4:50です。17:00の電車に乗れるますか?」というような問題だったので、ある程度時計の概念を習得してからでないと難しいなと感じました。

それでも正時が理解できてきた程度の娘にとっては、クイズが楽しかったようでした。

ディズニーの英語システム 聞き流し

DVDを見ながらのワークや、単語カードには意欲がわかなかったようなので、今週もDVDとCDのかけ流しを幼稚園の行き来の車中で行いました。

学習プログラムの順番は意識せず、娘の好きな曲やストーリーを選んでいました。

これまでにも聞いていたこともあり、一緒に口ずさむフレーズもありました。

折り紙

幼稚園で海の生き物の折り紙が流行っているようで、今週は兄妹2人がかりでなぜか大量のエイを折り続けていました。

いろいろな大きさ、色でおられたエイはかわいらしくて、そのまましまい込むのがもったいなかったので、A4用紙をつなげて少し大きめの紙を作り、海の世界を作りました。

兄の指導の下、小さな折り紙でも器用にエイを作り上げていました。

ノリやセロテープを駆使して浮き上がらないよう、二人で試行錯誤しながら貼りつけていました。

ヨットやリボンも幼稚園で覚えてきたようで、海の世界に追加していました。

次週の課題

英語のワークはなぞりしかしていないので、書き写しもしていきたいと思います。

まだ字の習得がしきれていない娘にとって、鉛筆の持ち方、線の書き方をもう少し実践的に取り組む必要があると感じています。

娘はとてもお気に入りですが、チャレンジスタートナビは補助的に使っていこうと思います。

先週主に取り組んでいた、学研ディズニードリル時計が2ページしかできなかったので、”分″の理解に向けて進めていきたいと思います。